96af854bde1a320b7197f9952f92267daf48293b

先だってRIZIN.15は盛り上がりましたね!

横浜アリーナは超満員!!

私はスカパーPPVで観戦しましたが、熱気ムンムンなのは画面越しからでも伝わりました。

PRIDE時代の熱が確実に蘇って来ている。

じわじわと格闘技ブームがまた再燃し始めている。

那須川、堀口、RENAなどのスターが誕生しはじめ、その後を更に追う選手達が台頭して来ている。

RIZINの運営方法に賛否あるようだが、結局キック界1の那須川天心がRIZINを選び、
MMA界1の堀口恭司もRIZINを選び、そして女子格1のRENAもRIZINを選んでいるのである。

RIZINの運営に賛否あれど、これが現実であり居心地が悪かったらこのような才能が集まる訳がない。

ONEも盛り上がっているが、日本での一般知名度はやはり全国放送民法で放送されるのと、されてない選手とでは雲泥の差がある。

よくよくRIZINの視聴率も話題になるが、平均7%として、それでもざっと700万人くらいの人の目に付く訳である。

街歩いてて、声の掛かり方が全然違ってくる。

話題性があれば、スポンサーも増え、スポンサーが増えれば更に練習に投資が出来る。

真の格闘家は練習がしたいのである。

メイウェザーも人の何倍と努力して現在がある。那須川天心も堀口恭司もRENAも皆そうだ。

年間の稼ぎも上がっているだろう。私の見立てでは那須川5000万円〜、堀口1億、RENA5000万円〜くらいには成っていると思う。

勝てばファイトマネーはウナギ登りのこの世界、そしてメディアに露出すれば、スポンサーマネーもウナギ登りである。

CM一本で5000万円前後、TV番組に呼ばれれば数十万から数百万円のギャラを稼ぐ。

笑いが止まらない。強く成った対価である。

街を歩けば皆が声を掛けてくれる。ジムも繁盛する。

そして、自分のモノを自分で買えるのはもちろんのことそれくらいのスターに成って来ると、周りが勝手に必要な物や環境を用意してくれる。

それが真のプロでありスターと呼ばれる生き方なのである。

現在、私は北海道で自分でジムをやり更にアマチュアリーグからプロリーグまでプロデュースしているが、私が育てたい選手はその様に稼ぐ、食える選手なのである。

そんな生き方は現実的に無理だと思っている人が大勢いるようだが、そんなことはない。踏み出せば、現在と違う未来が必ず待っていると私は断言出来る、やりたいならやった方がいい。周りのスターではない人の意見に左右されてなくてよい。あなたの人生はあなたのモノなのだから、一生に一度の人生で後悔しない為に。。。夢をスタートさせよう。

北海道はこれまで「無い」かった時代から「有る」時代となった。

現在、ココからRIZINを目指す選手が居ても良いのである。

北海道に居ながら格闘家で億を稼ぐ、そんな選手の登場を私は待つ!!