PFC CHANNEL
  ☆☆☆PFCオフィシャルFacebookページ内にて日曜日20時放送〜☆↑バナーをクリック☆

北24条駅付近総合格闘スポーツジム

プロレスラー式フィジカルトレーニングタイム♪

2015/07/16



image

木曜日恒例の20時からのPOD名物フィジカルトレーニングタイムが始まりました。

格闘家は自重をコントロール出来なきゃだから、フィジカルトレーニングも自重を使ったプロレスラー式のトレーニングがおススメです。

何故かと申すと、総合格闘技やプロレスは超スタミナが居る競技だからです。

見た目がいくらごつくてマッチョでも速筋ばかりでは、糖質が無くなればその逞しく大きな筋肉を持つ体は動けなくなってしまいます。

逆にインナーマッスルと呼ばれる外見ではなく中身の方の遅筋を鍛えることで、長くスキルが出来る筋持久力を持った体を作り上げることが出来るからです。

また、速筋は重たく、軽量級が作り過ぎると瞬発力はあれど、スタミナが不足したり、計量時に苦労することにもなりかねません。

よって、普段から自重を使った回数を行うトレーニングに馴れて置くことで、格闘家として必要な筋力がドンドン付いて行きます。

速筋は糖質をエネルギーとしますが、遅筋は脂肪を主なエネルギー源となりますので、ダイエット目的の方にもうってつけなのです。

はじめはキツイけど、やってくうちに筋力が付いて体も馴れてきます。

しかも、筋力が付いた体があれば長時間のスキルトレーニングにも耐えられる強靭な肉体にドンドン変貌して行きます。

汗もかけて、無駄な脂肪が減り、遅筋を鍛えられ、フォームを意識すれば集中力も付き、筋持久力と神経系統まで鍛えられ、一石二鳥です。

プロレス式フィジカルトレーニング、おススメですよ。

ドン!!




yamachan19760711 at 20:26 この記事をクリップ!

ジムブログ更新〜

2015/06/15



podロゴ影付
ジムのブログを更新しました。

http://ameblo.jp/pod-gym



こちらもたまにはヨロシク。

ドン!!


yamachan19760711 at 18:31 この記事をクリップ!

PODジム本日18時リニューアルグランドオープン!!

2015/04/01



podロゴ影付ジム休止から半年、色々な想いを越えて本日18時より再リニューアルグランドオープン致します。

本日より慎ましやかに本当にやりたかった事の続きを致します。

北海道に本物の総合格闘技の面白さを伝えるジムが誕生して4年目、今日から新たな伝説がスタートします。

ココからこれまで以上に沢山のファイターを育てます。

そして、何時の日かUFCの頂きに、世界の頂点に登る選手を輩出します。

また、プロレス格闘技全てのプロマット界の一助になる仕事を生涯の大義として全うします。

今日からまた新たな挑戦の始まりです。

何度転んでも起き上がる。私の夢の力はまだまだこれからです。

おまっとさんです!パワーオブドリームジム 復活!!

※詳しい詳細はこちらのジムのオフィシャルブログを閲覧下さい⇒http://ameblo.jp/pod-gym/

只今入会金無料キャンペーン中です。

あい〜や



yamachan19760711 at 12:23 この記事をクリップ!

今日から息子と

2015/03/27



image

まだ絶賛工事中のジムですが、マットスペースが出来たので本日18時から中学生の息子を練習させます。

海の向こうでは愛弟子の所英男が世界デビュー戦を明日に控え、http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/fight/all/2015/columndtl/201503250001-spnavi 彼の夢の続きをこれから見れます。そしてきっと素晴らしい戦いで次の奴等に勇気と希望を与えてくれる筈です。

私は育てます。次に続く奴等を・・

世界に続く道、それが総合格闘技ジム パワーオブドリームです。

ドン


yamachan19760711 at 13:47 この記事をクリップ!

POD東京新年会

2015/02/04



podロゴ影付先週東京出張から戻って来ました。

新しいリングの検品を無事に済ませ。

10952413_846022605455751_1190223340122209896_n
10945026_846022665455745_2158866924752117374_n


その後は諸々の今後の北海道でのイベント準備の打合せを重ね。

最後の日は昔の弟子達と念願の宴である。

充実した弾丸江戸出張を無事に終えた。

昨年後半の下半期から色々あり、北海道での格闘技事の全てのプランニングを練り直す事になった。

札幌に来て3年目にして色々な歯車が狂いはじめた。スムーズに行かないジレンマで、いっそジムは辞めてイベントだけでもやって行こうかとも思ったりもしたし、イベント自体ももうやらんでエエのんかなとか思ったりしていた。

でも、このままではあの時とまた同じ繰り返しやないか?!!あの時は現役バリバリで23歳〜26歳の頃であり、まだ選手としての立場もあって中途半端となってしまったので、今回はちゃんと現役にケジメを付けて集中して裏方をやろうと、逃げずに辞めずに、もう二度と生徒達の泣きべそ掻いた姿も見たくないし、自分自身の無気力状態も経験したくなかった。

ジムを締めてからはじめてジムの大切さが分かった。そんな昔の出来事が常に脳裏に。

9年ぶり、10年ぶりに札幌で再開したPODはあの時の続きだった。あの時の自分に勝つためでもあり、あの時路頭に迷わせた生徒達に対しての懺悔心からでもあった。

ずっと心に引っかかっていた2002年POD活動停止から9年、色々な複雑な想いでジムを再開させて来て3年半、内容はともかく気づけばあの時と同じ時間を過ごしていた。

あの当時、ジム立ち上げ前より10年計画と歌っていた目標はほぼ達成はしている。

1998年 パワーオブドリーム設立 達成
     ☆アマチュア底辺の拡大

1999年 内弟子制度発足 達成
     ☆即戦力のプロ選手、指導員の育成

2000年 自由が丘総本部設立 未達成

     日本グラップリング協会設立 達成

     ☆顧客の拡大
     ☆グラップリングの普及

2001年〜2008年 

     グラップリング協会主催大会開催 達成

     武闘場設立 未達成

     プロ格闘技プロモーション組織発足(パルテノンプロモーション) 達成

     天下一武闘会開催(タイタンファイト) 達成

が、2002年以降よりあの続きを生徒達に見せていない。あの続きを直接みせないとと・・ずっと思って来た。

昨年より愛弟子の梁正基(リョウセイキ)と所英男などから、年に一回でもみんなで集まれる時間を作って下さいと申し出があった。今でもPODの連中にとっては俺は師匠のようだ。

波瀾万丈で空回り続きのこんな俺でも、まだそんな風に言ってくれるとは・・目頭と胸が熱くなったものだ。

そして、今回彼等と宴を最後の締めくくりとしたのは、今後北海道でPODジムをやって行くにあたっての是非を問いたかったという個人的な想いもあっての事である。

そこには成長した彼等が居た。

10967934_755229897905518_73229260_n


10966804_755229894572185_809782874_n

10836350_755229854572189_1953687174_n


懐かし話を沢山出来た。そして、現在よりも高い高い壁があった昔の私と彼等の間をガンガン壊して来た。

10965922_755229681238873_993135577_n

10872126_755229631238878_1486636045_n


勇気を出して駆けつけて来てくれた彼等に感謝したい。

10951128_755229644572210_233085230_n


1998年〜2002年までの4年間に、私がRINGS在籍中に立ち上げたたった22坪ほどしかなかったジム、そんな小さなジムが後に数々の偉業を達成した。

プロも沢山育て、輩出した。自主興行も含めたら沢山のプロを輩出した。底辺拡大、市場活性化、スポーツビジネスとしての振興を目標にパワーオブドリームは産声を上げた。

ジムの名前もRINGS在籍中に前田さんから直接許可を貰って付けた名前である。
_SY344_BO1,204,203,200_


ジム開きには前田さん、高田さんをはじめ、田村潔司、山本宜久、成瀬昌由、金原弘光、高山善廣、坂田亘、桜庭和志、エンセン井上、滑川などなど先輩後輩、またレフリーの和田良覚さん、安達巧さんなどその当時の私の勢いを感じさせるそうそうたる面々が参列してくれた。

札幌で再開したこともそれぞれの関係各位が知っている。前田さんや高田さんにも報告はしている。

そんな由緒正しきUWFイズム満載の前田さんの自叙伝の名前と同じパワーオブドリームは私の原点であり、そこから始まった昔の愛弟子達の原点でもある。

もう二度と失敗は許されない。そんな思いで再スタートを切った今日。想定内のことしかこれまで起こって来なかった事も事実。だが、ココ一番で試されているんだなと思う事もしばし。同じ時間を過ごして来た。ここからが本当の続きであり、昔の奴等に見せたい、見せたかったことである。

少し深呼吸をして悩む。

そうだ。彼奴等に会ってみよう。俺にも勇気が居ることであるが、彼奴等と話すことでまた何かが見える筈。

そんな想いで・・・彼等に会った。

そこには今現在北海道で頑張って来た新しい生徒達の未来があった。確かに成長した大人になって逞しくなった彼らがそこには居た。

ざっくばらんに色々な話をしあった。昔は何も言えなかった奴等が、今は流暢な言葉を覚えて俺に相対する。

心が癒えた。勇気が湧いた。パワーオブドリームの真髄をまとった愛弟子達がそれぞれの道で元気に逞しく生きていた。人は育つ。想いの先にドーンと胸を張って自信を持って進もう。素晴らしい時間であった。

そして、現在北海道で休止中のPOD札幌もやる意味を見い出せた。4月に再開する。そしてその時は、今後は新旧PODの交流をもっと増やしたいと思う。旧の奴等には続きを、新の奴等には未来を見せる。

毎年1月は必ず昔の弟子達と新年会をすることに決めた。今回急で来れなかった連中も居たが、回を重ねる度に素晴らしい時間を共有したいと思う。

今回集まってくれた連中と4次会まで楽しく続いた宴。最後の最後には自由が丘の駅の真ん前で胴上げをしてくれた!!まさか愛弟子達に胴上げをされるとは・・・(T_T)

愛弟子達よ、ありがとう。

POD東京新年会 完

PS: 弟子の佐藤が言っていた事が今回一番嬉しかった。

他のジムの人達が羨ましがるくらい「元パワーオブドリームの人達の絆が深い」。と。

ジムを締めてから、遠巻きで見守って来た俺だが、実は生徒達、愛弟子達の方に俺が見守られて来たのではないか?そんな気になったものだ。

成長する課程で、人は様々な試練に直面する。その試練を乗り越えるのが人生。

悪いことがあっても、それはその時頑張って乗り越えれば、次は良いこと少しだけやってくる。

良いことがやって来ても、それも長続きはせず、暫くするとまた次の試練が待っている。

それが人生、人生は望む分だけ、乗り越えられる試練がやって来るものだ。

そんな事は私は格闘技から学んだ。

私の昔の弟子達は多分今は皆分かっているのだと思う。

だから、今でも俺を師匠と呼んでくれる奴が居る。

有り難いことだ。その分、そいつらに何時でも、困っとことに直面した時に、手本に成れるよう、頑張ってこの波瀾万丈の格闘人生を先陣切って生き続けるしかない。

過去はない。未来もない。あるのは死ぬまで続く現在だけだ。

現在を生きよ。現在を行き切れ。パワーオブドリームで。

あい〜や


yamachan19760711 at 17:02 この記事をクリップ!

小坂井寛

2014/11/22



podロゴ影付
昨晩の北区体育館での臨時クラスに小坂井寛が参加しました。

日曜日に新潟に帰り、その後東京に行くので挨拶がてら顔を出した模様。

2年6ヶ月札幌で修行をし、色々な面で一回り大きく成長した小坂井。

しかし、その得たモノを発揮するのはこれからが本番でしょう。

彼に現在一番足りないのは自信。それをどういう形で付けて行くか?!

可愛い子には旅をさせろと言う言葉があります。まさに現在の私はそんな思いで御座います。

ベースを得た彼の今後の成長が楽しみです。

大野、李、小坂井、空良、渡辺、昨日寛の最後に集まった連中とのMMAクラス。

場所は北区体育館ですが、私が居る所がPODですので、誰もが何も遜色なく何時でも参加出来ます。

練習後はUWF道場の方に移動し、UFCを観ながらまた愉快な仲間が集まってワイワイやりました。

小坂井寛の今後に期待して、札幌で新たに小坂井以上の強いファイターを育てたいと思います。

出来の悪い奴程可愛いって云いますが、まさに奴はそんな感じです。

しかし、格闘技に対する実直な気持ちは誰にも負けないでしょう。

30歳から札幌での新しい生活は色々な面で辛かったと思いますが、良くそれなりに強くなったと思います。

東京に帰っても昔のままの小坂井と思って接してくれる人もいると思いますが、成長した部分も見てやって頂けると私も嬉しいです。

どうぞ、東京に行った彼の今後を東京に居る同志の方々には温かく見守って上げて貰いたいと切に願います。

寛、頑張れよ。

離れていても、何時でも、何処でも、会長も光子も何時でもお前を応援しているぞ!!

ドン



yamachan19760711 at 13:04 この記事をクリップ!

水到れば渠なる 万感の思い 20年間ありがとう。

2014/10/14



yamaken20th


昨日はハードヒット札幌テイセンホール大会にご来場頂き誠に有難う御座います。

私ごとで大変恐縮なのですが、無事に引退試合並びにデビュー20周年記念試合を万事執り行う事が出来ました。

これもひとえにハードヒットの母体であるDDTの三ちゃん(高木三四郎社長)、並びにハードヒットプロデューサー佐藤光留君、最後に戦ってくれた後輩上山龍紀、そして当日熱戦を繰り広げた他の選手達、関係者スタッフの皆々様、北海道で出会った人達、元々のファン、更に遠路はるばる来てくれたファンや弟子、全ての方々のご理解とご協力が一丸となって可能となりました。

Uはまだ生きている。そして続いている。新しいUが既に産声をあげていた。ハードヒット、新時代のUとなって、只今北の聖地北海道に無事に帰還した!!

万感の思いであり、感慨無量です。

全ての方々にこの場をお借りして先ずは取り急ぎ感謝の気持ちを述べたいと思います。

みんな おおきに。m(_ _)m

試合に勝ち負けは必ず付きますが、試合内容はお客さんが決めること。それがプロの試合です。

プロは常に自分を磨き、その磨いて来たその日最高のベストパフォーマンスを尽くすのみ。

イイ時もあれば、悪い時もあります。

体調がおもわしくない時もあれば、絶好調の時もあります。

でも長くプロ生活をやってると、色々ガタも来ます。

打撲や傷を負います。靭帯も切れます。骨折もします。

金欠で苦しみます。試合に干される心配もあります。

試合で怪我する。試合で死ぬかも知れません。

大会の規模でプレッシャーが変わります。

ホンマに沢山のプレッシャーが掛かる難儀な商売です。

しかし、その商売を普通とし、淡々を日々進化しながら継続して行くしかないのです。

時には愚痴も言いたくなります。でも、試合が決まったら黙ってやるしか無いのです。

それがプロです。

20年間楽しみました。ホンマに夢を創る商売って難儀ですがWonderful Life!です。

この先も頑張って行く先輩、後輩達より先に私は引退しましたが、そんな難儀で大変な仕事をまだまだ継続する者達が居る訳ですから、私もその同じ穴のムジナだった一人として、これからはサポート出来るよう頑張って行きたいと思います。

そして、未来の新しい時代、時代に通用するルーキー達を創出して行きたいと思っております。

まだまだ、北海道の改革は始まったばかりです。

昨日も皆に祝福されて嬉しい半面、既に私の目は生徒達や、関係する北海道の人達に向いております。

師の引退、沢山のプロ選手達や関係スタッフの人達が居る中、そこに関われたアマチュア達が技術的に未熟なのはさておき、どれだけの人達に挨拶や最低限の礼儀作法が出来たのか?、大会終了後、黙って先に帰る前に挨拶が出来ないものなのか?

私のジムからは残念ながら2人だけ私に最後挨拶して帰りました。

私はゾッとしました。

そんな者達をプロには絶対に出来ませんし、無理です。

関係者達はみんな見てます。※全ては私の教育不足・・

今回は私の顔を立てて大会関係者の皆さんは多目に見てくれるでしょう。

プロの世界は厳しい世界です。みんな苦労して作り上げている夢の場所に仁義礼節に欠ける者はいらんのです。

第一部から第二部の試合に上がりたいと思うのであれば、最低限の礼儀作法が必要です。このままでは第一部すら組む事は難しくなる・・・

◆プロの世界では、他団体であれ、大会関係者、諸先輩がその場に居ると分かった瞬間下記に上げた感じで選手達、関係スタッフは挨拶する。特に選手ね。

「失礼します。少しお時間宜しいでしょうか?○○団体(またはジム)所属の神○佑○です。本日は宜しくお願い致します。」

◆人が誰かと話している最中、他に時間が取れそうもなく、どうしても先に挨拶して置かなければならない場合。

「お話中失礼します。(お取り込み中失礼します)ご挨拶宜しいでしょうか?○○団体(○○ジム)所属の佐○木○です。今日は前座(第一部)で試合させて頂きます。宜しくお願い致します。」
※ホンマは取り込み中や話し中は避けるべき、機を見て話すことが望ましい。

◆先輩や師に紹介されていたり、自分の所属団体やチームが相手に分かって貰っている場合

「お疲れ様です。○○県○○市出身、18歳 大○北○です。本日は宜しくお願い致します。 」

[帰る時]

◆どうしても先に出なくては行けない場合は?

「理由を述べ、お先に失礼します。本日は有難う御座いました。」
※先輩や師が取り込んでいる場合は、誰か残る人を探して言付けをする。その者も見つからない場合はメールなどで理由と挨拶を送る。または後日直接会う、または電話でフォローする。など・・

◆不足の事態以外ならば、ひたすら待つ。
※なるべく待つこと、先輩や師より先に無言でその場を黙って立ち去るのは失礼千万。

「本日は有難う御座いました。今後共宜しくお願い致します。お疲れ様でした。」

以上 例題と言うかこれは基本中の基本、プロの世界ではこのような事が普通に出来なければそのステージに上がることは無理であり、長くそのステージで生きて行くこともままならない。

どんな世界でも共通出来る事だと思うが、憧れが強い世界である為、このような最低限の挨拶も最初は出来ない者が多い。

これまで、私は比較的生徒達にはアメを与えて来た。これからはムチも少しはふるう必要があると感じている。

次に繋げる為に。

楽しい夢の道を継続させる為に、アマチュア意識を変えなければならない者には変えて行く。

その者はアマチュアでイイと思う者には背中で、私も含め気づいた者達の背中で見せて行く。

向上心のある者は一度言えば、師や先輩の言葉を深く考え、行動に移す。

[三流]なにもしない。

[二流]師の教えを聞かないわがままな者を言う。

[一流]師の教えを忠実に行う者を言う。

[超一流]言われなくてもやる者を言う。

これからの北海道活性化の原動力はココで生きている人達の心構え一つ。

私は背中を押すだけ。

私は一流を沢山育てたいと思っている訳ではなく、超一流を育てたいのです。

人は誰でも変われます。

変わろうとすればね。

我が強いと変われません。

素直が一番

少しづつでも、変わって欲しいと思います。

そして気づいて欲しいと思います。

もう、既に夢の世界への扉が近いことを・・

私は引退しましたが、私の夢の力に終わりはありません。

“水到れば渠なる”“上善水の如し”そんな思いで生きております。

これからの人生の方が長いかも知れません。

私一人では何も出来ませんが、みんなの微力が集まれば、大きな何かに
繋げて行けると信じ、今日からまた第二の人生をスタートさせます。

昨日はみんな応援ありがとう。

そして、これからも宜しくお願い致します。

あい〜や










yamachan19760711 at 13:01 この記事をクリップ!

岩崎考樹DDTデビュー決定〜

2014/09/29



podロゴ影付
PODの生徒で今年の4月よりDDTの練習生になって頑張っていた岩崎考樹が11月28日北沢タウンホールでデビューが決まったようです。

東京滞在中に連絡が入ってはおりましたが、昨日後楽園ホール大会にて正式に発表となりましたので、こちらでもお伝えして置きたいと思います。

また、一つ北海道でプロレスラーに成りたい者達への夢が広がった嬉しい出来事ですね。

去って行く者と、誕生する者が居ます。

ちょうど、私の引退後に純度100%の北海道からDDTレスラーが誕生します。

皆さん私は10月13日で一先ず戦いの場からは去りますが、これからは岩崎考樹、そしてこの後に続く私が手塩に掛けてベースを叩き込んで育てる若者達の応援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ドン!!



yamachan19760711 at 16:33 この記事をクリップ!

アイシング

2014/08/18



podロゴ影付アイシング

格闘技をやっていると
冷やすことが多いです。
続きを読む

yamachan19760711 at 10:00 この記事をクリップ!

プロ練とは?



podロゴ影付プロ練とは?

うちのジムではプロ志望の子を
別時間で稽古しているプロ志望練習時間
通称プロ練ですが・・・続きを読む

yamachan19760711 at 08:00 この記事をクリップ!